FC2ブログ

Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

カウンセリングルームは2部屋あります。ひとつは普通の落ち着いた感じの応接セットが置いてある家族面接用の部屋です。
DSC_3509.jpg


もうひとつの部屋の大きさは7畳。壁紙は布調の白です。普通の面接室に較べて絵を描いたりするのでこちらはカジュアル感が強いと思います。
IMG_20170324_174714_2_convert_20170324175057.jpg

机は正方形のダイニングテーブルと椅子が二脚あったのでそれを利用しました。このテーブルのような生成の色にほかの本棚などの家具もそろえています。カーテンはレースは白。布はクリームイエローです。このテーブルを中心として全体にやわらかい刺激になるように統一しました。ここは、窓際で昼間だと光が入ってきて心地よいスペースです。

椅子の位置や座った時の相談者さんとの距離にも気を使います。遠すぎても話しづらいでしょうし、近すぎても緊張します。外勤では場所が狭いので相談者さんの左位置にカウンセラーの椅子を配置してもらっています。相談者さんの左位置も相談者さんが安心できる位置です。



IMG_20170324_084823_2_convert_20170324162204.jpg
面接の時間管理が私は下手なんです。ついつい話が盛り上がってというところがあって...次の相談者さんが来てしてまう。いろいろ考えてこの時計を相談者さんの左後ろぐらいに置くようにしました。その位置だと相談者さんに気づかれず、時計を見て時間配分ができるのです。
この部屋の雰囲気が遊戯療法の部屋のような雰囲気なのを頑張って治療枠を作ってくれる役割をしてくれています。頂き物です。

IMG_20170324_163155_2_convert_20170324163715.jpg
これが机と反対の床でやる絵画療法のセットです。新聞紙とクレヨンと。描いた後切りたい人ははさみ。このスペースで話しながらストレッチをする人もいます。この新聞紙を挟んで両側に座ります。もうここでは正座をする人はいません。ときにあぐら。よしやるぞという感じです。治療的には遊びの要素が入ってきます。もちろん自分の問題を扱うので真剣です。自由に描き、思う存分に自己表現することで、心に溜まったわだかまりを吐き出してもらい、トラウマを癒していくのです。ここは、そのためのスペースです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。